25歳独身女性飲食店バイトの愛人契約日記

愛人契約した男性はある企業の役員をしている50代の男性でした、一人暮らしでアルバイトをして将来デザイナーになる夢を観ていたのですが生活はとっても苦しいし夢を諦めかけていた時に知り合ったのです。
何とかお金を作らなければほんとうに夢を捨てるしかないって気持ちになっていましてあれこれと画策をしていたときにふと愛人契約という言葉をネットで見かけて。
お付き合いしている彼もいませんでしたから、こういうのも悪く無いって思いました。
調べてみると出会い系サイトなどでもこのように愛人契約の相手は見つけることができるようで、試しにサイトに登録して相手を探してみたのです。
するとすぐに何通もメールが送られてきまして驚かされてしまいました、そこでくわしく契約内容が書かれていた50代の男性に返信をしてみたのです。
彼の条件は、週に2度程度会って関係をもつことで月に15万程度は支払うと書いてありました。
15万ってわたしにはとっても大きな金額でしたので喉から手が出るほど欲しくなってしまいまして、彼に会うことにしたのです。
でっぷりした禿頭の人ってイメージを持っていたのですが、ロマンスグレーっていうのかなそういう言葉のよく似合うようなダンディな雰囲気を持った男性でとっても安心できたのです。
「君が良かったら、愛人契約を結ぼう」といってくれてその日のうちに肉体関係になりました。
正直愛人というよりステキな男性相手でのすで恋人気分で関係をもつことができています、ただ忙しい方でして会えない時は2週間も間が開いてしまったりして、そこが寂しいところかも。
生活にも余裕ができましたし愛人契約をしてほんとに良かったと思っています。

欲望を満たしてあなたの性奴隷に